東京都中央区でプライバシーマーク取得コンサルティングなら株式会社コンプライアンス・マネジメント

プライバシーマーク取得・更新など、個人情報保護に関することは、お気軽にご相談ください。

C【#8a80ff】左右

HOME ≫ STAFF BLOG

コンプライアンス・マネジメント STAFF BLOG

本日は、ボディースキャナーと個人情報保護のお話

0000482786.jpg
搭乗前の荷物検査、ボディーチェックでボティースキャナーという装置が低線量のX線により、衣服の下に爆弾や凶器、麻薬等を隠し持っていないかを検査する優れものが登場 !!(日本ではまだ、見かけません)
全身を透視するスキャナーであるため、テロや犯罪の取り締まりに有効です
 
でも衣服の中が透けて見える状態になるため、検査の際に不必要な裸の
画像が見えてしまうのです(;゚Д゚)
プライバシーの問題にどう対処しているのでしょうか !?
実はプライバシー保護のために、次のような配慮がされています
1.スキャンした画像を見る検査官は装置と被検者から離れた場所で
  検査を行っている
2.不審物を携帯していると思われる不審者の画像を見る時は、その画像は
   不審物と不審者の輪郭画像に変換されている
3.撮影された画像は保存できない
 
特定の個人を識別できない状態で検査を行って画像も保存されていません
搭乗客のプライバシーは、こうして保護されているのですね


それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月13日 11:12 |コメント|

本日は、お薬手帳と個人情報保護のお話

0000482765.jpg
スマートフォンのアプリで「お薬手帳」があるのですが
まだ利用できる薬局は少ないようで、少しづつ全国で
取り込める体制が始まっているようです
 
「お薬手帳」は調剤薬局などが調剤した薬を履歴管理するもので処方された
薬の種類や飲み方などが記載
 
2011年の東日本大震災時、避難先にスマートフォンを持っていっても
「お薬手帳」を持って非難した方は少なく、薬の服用歴や常用薬の種類が
分からない状態が多数発生
これを機に、アプリで管理する「お薬手帳」が注目され始めたようです
 
個人情報保護の観点からは、処方箋の内容がスマートフォンの中に過去
数年にわたって記録されるため、紛失や故障の対処!!
薬の種類から病名が推定できるためカルテに準じた管理!!
いうまでもなく厳重なID・本人識別管理が必要になりますね
 
スマートフォンで管理するため薬を服用するタイミングを知らせてくれる
ようなので、服用すべき時間にアラーム音が鳴ることで服用の忘れが
少なくなるとか、1台のスマートフォンで本人のみならず、育児・介護で
必要な家族の手帳管理もすることができ、世帯単位での健康管理に役立つ
ようですよ

普段でもお薬手帳を忘れがちなので、早く全国で使えるようになって
もらえると助かります
そういえば、お薬手帳忘れてペナルティで少額でしたがいくらか取られた
ことがありました
今にして思えば、そんなのアリでしょうか??
 

それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月13日 11:07 |コメント|

本日は、年賀状と個人情報保護のお話

0000482762.jpg
日本郵政の統計によると、年賀はがきの発行枚数は2003年のピーク時に44億
5千枚だったのが、2013年にはわずか3億3千枚にまで減少したとか
 
年賀状は、お世話になった方々への新年のご挨拶
そして遠方に住んでなかなか会えない友人・知人など、お互いの近況を年賀状で
知らせる通信手段!!!
ところが、メールやLINE、Facebookなど、SNS(ソーシャルネットワーク
サービス)の普及によって年賀状の減少が続き、個人情報保護法成立時にも同様
なことが起こっています
 
個人情報保護法の平成17年全面施行されてから、名簿の作成数が激減 
会社内で作成されていた社員名簿、学校内におけるクラスメートの名簿作成が
控えられ、原則として配布されることはなくなりました
・・・町内会の住所録も同様です
名簿があった当時はそれを見て年賀状を作成
ところが一転して名簿がなくなってしまったために年賀状の利用が激減
 
年賀状を出す予定であるかどうかの統計値があり、出す予定と答えて最も
多かったのは60代の女性で78%、最も少なかったのが20代の男性の29%
世代が若くなるにつれて年賀状の利用比率が下降
 
一方もらって嬉しいのは「ハガキの年賀状」というデータもあります
減少傾向に歯止めはかかりませんが、年賀状はお正月の恒例としてもらうと
嬉しいという方も多数いらっしゃいます
 
皆さまはハガキの年賀状送る派?
それとも携帯で送る派?
私はここ2年程、どちらもサボってます派 (;一_一)

 
それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月13日 10:35 |コメント|

本日は、クレジットカード被害と個人情報保護のお話

0000479528.jpg
ショッピングサイトに対する不正ログインが後を絶ちませんね
個人情報の中でも重要度の高いクレジットカード情報を抜き取る手口が横行して被害総額も年々増加しています
 
こうしたクレジットカードの不正利用被害をできるだけ早く察知するには
明細書が送付されたらすぐに目を通して身に覚えのない購入履歴があったら
クレジットカード会社に即相談!!
カードの番号や有効期限、裏面のセキュリティコードの情報を奪われただけで
悪用されます
 
有効な手段として、クレジットカードは1枚に集約せず、普段使用するものと
ネットで使用するものに分けてカードの不正利用に対するリスクを分散が◎
 
ネットショッピングを多く利用する方は、ネット専用のカードを用意しておくと
いいかもしれませんね 
同時に利用限度額も低めに設定しておくと安心ですよ 
ネットでお買い物する時は、十分気を付けてください

 
それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月13日 10:31 |コメント|

本日は、就職活動と個人情報保護のお話

0000481987.png
ハローワークが保有する求職者情報を民間に提供される時代がやってくるようです求人・求職のマッチングに係わるインフラの整備として一種の公共財ともいえる
膨大な求職者情報を民間事業者にも提供
ハローワークの求職情報を民間に提供する仕組
①求職者がハローワークのシステムに求職の申し込み
②ハローワークは新たに構築する「求職情報サイト」に求職者情報を掲載
③職業紹介事業者はハローワークから付与されるID・パスワードで求職
 者情報を閲覧
④職業紹介事業者と求職者間で職業の紹介・返答のやりとり
⑤求職者が職業紹介事業者に直接連絡しての求職の申し込み
 
個人情報保護の観点から職業紹介事業者による厳正な個人情報の取り扱いが
要求されますよね
なぜなら、希望職種・希望条件・資格・経験・職歴等々、履歴書に記載される
べき個人情報が保護の対象だから
検討会では職業紹介事業者の選定をより強化すべきとして個人情報保護管理に
ついては、プライバシーマークなどの第三者機関の認証を受けている事業者を
念頭においているとか 
 
この仕組みができると国と民間事業者がそれぞれの役割・機能に応じた連携が
強化されて、労働市場全体でのマッチング効果が期待大
求職者にとっても利便性が向上して雇用の増大につながっていくといいですね

 
それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月10日 12:25 |コメント|

本日は、ネットスーパーと個人情報保護のお話 

0000481979.jpg
ネットスーパーが急速に市場を拡大しつつありますね
最大手のイトーヨーカードーは24都道府県2380万世帯が配達可能エリアとなって、現在170万人の会員数だそうです
会員登録し専用サイトにアクセスすると最寄りの店舗が割り当てられ、商品を電子チラシから選ぶのですが、品揃えや価格は通常の店舗とまったく同じで購入商品が決まったら決済方法と配送時間を指定
配送時間は2時間ごとに区分され希望の時間帯をチョイス
店舗によっては最短で3時間後に受け取れる場合も
配達料金1回税込324円、購入金額によって無料!!!
 
個人情報保護の観点からは、ネットスーパー利用者の会員管理が必要になりますね
ID・本人識別認証を行い、購買履歴等の情報管理の他、決済方法によってはクレジットカード利用によるセキュリティの強化が必要です
 
スーパーは雨の日は売り上げが減少するといわれていますが、反面ネットでの受注は増える傾向にあるようで、雨の日は利用者のみならず店舗側にも人員配置や在庫の事前配分を行うことで、双方にメリットが期待できそうです
 
私も重い物はネットスーパーを利用しています
本当に便利ですが、基本的な個人情報はしっかりと管理してもらわなければですね
・・・いやいや個人情報の管理は鉄則です!


それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月10日 11:57 |コメント|

本日は、新薬の開発と個人情報保護のお話

0000481954.jpg
製薬メーカーが新薬を開発するには、治験(臨床試験)が必要でして、医薬品として国の承認を得るために有効性や安全性等の科学的データを揃えなければならず、科学的データを製薬会社が病院と共有し、新薬の開発スピードを高める環境が整いつつあるようです
 
環境はクラウドサービスを使用
病院は治験を望む患者の病歴や投薬履歴といった医療情報の他に、入院患者の統計情報などを個人が特定できないようにしてデータを供給
治験情報はきわめて慎重に取り扱わなければならない機微な情報のかたまりです
 
個々のデータの管理を厳重に行い、ビッグデータ化する際にも、細心の注意をもたなければいけません!!
一つの薬を開発し認可されるまでの費用は、通常150億円から200億円といわれています
莫大な開発費用を抑えるためにも情報の共有化は必要であり、これによる開発費用の抑制、開発期間の短縮は急速に進むものと期待されているようです
 

それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月10日 11:44 |コメント|

本日は、フォトアルバムと個人情報保護のお話

0000481934.jpg
デジタルカメラの普及で重いアルバムはなくなりつつありますね
オンラインフォトアルバムのサービスを行う業者も増えて、ネット上で写真を整理・分類・展示さらには共有することが可能に!!
写真の共有を目的とした画像投稿サイトのフリッカーは、投稿された画像ファイルを分析して統計情報としてのサービス提供を行っています
スマートフォンなどで撮影された画像ファイルには画像そのもののデータの他に撮影されたデータも埋め込まれていて、撮影日時や解像度、GPS機能を備えた機種なら撮影した場所も記録されています
 
データを集計・分析することによりビッグデータ化して画像が、どんな条件で撮影されたか、どんなスマートフォン・デジタルカメラを利用して撮影したのかなどの情報が得られます
フリッカーに投稿する際は、Yahoo!のIDとパスワードが必要になりますが閲覧だけなら不要
個人情報保護の観点からはコミュニティサイトに登録するイメージなので匿名でも可能で、本人の自由意思を尊重するつくりになっています
 
SNSとして画像を見知らぬ人と共有、お互いにコメントを書き込んだりブログなどにも利用されて利用者は約9200万人、蓄積画像数は60億枚にも及ぶらしいですよ
個人情報を守るなら、投稿や共有は良く考えてからが良いのかもしれませんね !!


それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月10日 11:33 |コメント|

本日は、刑事罰の適用と個人情報保護のお話 

0000481930.jpg
法律はルールを定めているものなので違反した場合の罰則も法律に盛り込まれているので、個人情報保護法もその例外ではないですよ
個人情報保護法第56条に最高刑(主務大臣からの改善・中止命令に従わなかった場合)で懲役6月以下又は、罰金30万円以下という刑事罰!!
でもマイナンバー法(「行政手続きにおける特定の個人情報を識別するための
番号の利用等に関する法律」)による罰則規定はこれを上回っています
 
マイナンバー法による罰則規定(抜粋)
①業務改善命令に従わなかった2年以下の懲役又は50万円以下の罰金
②不正アクセス等で個人番号を取得した3年以下の懲役又は150万円以下の罰金
③個人番号を漏えい又は盗用した3年以下の懲役又は150万円以下の罰金
④リスト化された個人番号を含むファイルを故意に漏えい4年以下の懲役又は
 200万円以下の罰金
 
マイナンバー法は最高刑で4年以下の懲役という重い刑事罰(第67条)が科せ
られる内容にマイナンバーの保護管理については、従来の個人情報保護法が定める個人情報以上にしっかりとした保護体制を築くことが必要になりますね
社員一人ひとりの権利を守るだけでなく、会社そのものを守ることになる訳です
管理をおろそかにした場合、会社に大きな経営リスクが掛かる可能性があるかも
・・・です


それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月10日 11:24 |コメント|

本日は、地震の予知と個人情報保護のお話

0000481927.jpg
この頃、北海道から沖縄まで日本全体で地震が発生していますね
 
地震発生率や予測震度を解析するツールがあり、大手住宅メーカーの大和ハウス工業では独立行政法人防災科学技術研究所が開発したJ-SHIS(地震ハザードステーション)のデータを利用し地震危険度評価ツール「ココゆれ」を運用しています
「ココゆれ」は戸建住宅の購入を希望する顧客に、建設予定地の地震発生率や発生した場合の予想震度などを提供して、今後5年から50年先までを5年単位に区切って解析し、それぞれの震度を発生確率で表示!!!
 
ある地点の15年以内における地震の発生確率を震度の大きさごとに解析すると
下記のような結果が表示されます
(例)
震度5弱以上・・・63.6%
震度5強以上・・・53.1%
震度6弱以上・・・13.6%
震度6強以上・・・・5.2%
 
J-SHIS(地震ハザードステーション)は全国を250メートル四方のエリアに区切り、エリアごとの地震発生確率をベースに作成し、過去に発生した地震の
データ(公的データ)を集計して地震活動モデルや震源断層モデル、地下構造モデルといった地震ハザート評価を加えて企業独自のサービスに応用
全国のある地点エリアにおける過去の地震データ集合体なので、個人情報は介在しないようです
「ココゆれ」は単なる販売促進のためのデータにとどまらず、事前の地震対策、
防災意識する効果が期待できそうですね
 
日本に住んでいれば地震と共存しなければいならないのですが、やっぱり怖いです
寝ている時に震度4 の地震がきて目は覚めても眠気に負け起き上がろうとしない
自分も怖いですが......

 
それでは、本日はこれにて失礼します (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
2017年07月10日 11:11 |コメント|