東京都中央区でプライバシーマーク取得コンサルティングなら株式会社コンプライアンス・マネジメント

プライバシーマーク取得・更新など、個人情報保護に関することは、お気軽にご相談ください。

C【#8a80ff】左右

HOME ≫ STAFF BLOG

コンプライアンス・マネジメント STAFF BLOG

本日は、介護保険サービスと個人情報保護のお話

0000515251.jpg
 
介護保険サービスにおいても2016年度から
順次交付されたマイナンバー 目
(社会保障と税の共通個人番号)制度は威力を発揮
この共通個人番号制度を利用することで
介護保険の要介護認定の申請から介護サービスの受給まで
手続きが迅速・容易になり介護保険料の徴収面でも適正な負担が実現ビックリマークビックリマーク
 
要介護および要支援の認定を受けている人は
全国で600万人 びっくり
介護保険料を納めている人は7000万人
介護サービスを受けるには
まず介護を要する状態であることの
認定を受けなければなりません !!
そのためには主治医の意見書を添えて
居住する自治体に申請します メモ
その後、介護を必要とする本人への面接と
審査会を経て要介護度認定が決定し
介護保険負担限度額が算定されます 上差し
 
手続きには各機関(国、都道府県、市町村、
広域連合、国民健康保険団体連合会、
医療機関、介護サービス事業者など)
合わせて数週間かかり、マイナンバー制度導入で
情報連携の大幅な時短とコスト削減 合格
 
マイナンバー制度は国民にとって利便性の高い
制度であるだけでなく、公平かつ公正な社会を
実現するための社会インフラです
マイナンバー制度を利用することで自分が自分の
自己情報をコントロール(自宅のパソコンで自分の
情報の閲覧、各種手続きが可)できて
個人情報保護という国民の権利を適切に保護する
環境が整うということになります 秘密
 
介護保険サービスは、いたるところで個人情報が
利用されますあせるあせる
これを保護するためのマイナンバー制度 
高齢化が進む日本。。。期待したいですね ニコニコ
 
 
それでは、本日はこれにて (o_ _)ノ彡☆ポムポム
 
 

コメント